倉敷風俗の求人で採用すべきでない人

倉敷風俗求人で不採用にすべき人

質問が細かすぎる倉敷風俗求人応募者

倉敷風俗求人に応募してきた女性の中で、採用すべきではないタイプのひとつが「質問が細かすぎる人」です。風俗で働く女性にとって待遇やお店のシステムについて、細かく聞かないと安心できないという人は少なくありません。ある程度質問が多い人に関しては、熱意がある人ととらえても良いでしょう。しかし中には「こんなこと聞いて何になるの?」と思えるような細かい質問をする人もおり、このような人は要注意です。

あまりにも細かすぎる女性の場合は、採用した後に何らかのトラブルを起こす可能性があります。お店のスタッフともめるだけなら良いですが、同僚の女性やお客さんとの間でトラブルが起こると大変です。お店の女性の態度で自分が気に入らないことがあればすぐに食いつくのでは、その人のモチベーションに関係し最悪の場合は辞めることにもつながります。お客さん相手であれば当然お店の評価と集客に関わるので、倉敷風俗求人でそのような人が応募してきたら注意が必要です。

大雑把すぎる女性


面接のときの態度を見てあまりにも大雑把な人も注意する必要があります。中国地方の中では繁華街のひとつに数えられる倉敷の風俗には、色んなタイプの女性が応募します。礼儀正しい真面目なタイプ・愛嬌のある明るい女性など好印象なタイプのいる一方で、言葉遣いが汚い・ボロボロの格好をしているといった人も少なくありません。その中でも注意すべきは大雑把すぎる性格の女性です。

多少大雑把で豪快な性格であっても、やるときはしっかりやるタイプなら歓迎できます。しかし大雑把過ぎると、出勤する日時を忘れてしまう・定期的に指名してくれる男性を忘れるといったことにもつながります。出勤する日時を忘れるのは風俗店では当然アウト。あまり反省がないようなら繰り返す危険性があります。またそういった態度でお客さんに接すると、クレームにつながりお店の評判を落とす可能性もあるのです。

在籍した風俗店数が多い人


倉敷風俗求人の応募者で避けるべきは、今まで在籍した風俗店数が多すぎる人です。何店かの在籍経験があるのであれば、即戦力として期待できます。しかし1年で20~30店などのペースで在籍・体入がある人の場合は、容姿や性格が大丈夫でも何らかの問題があることが多いです。だからこそそのような人は採用しない、採用してもお店がダメージを受けないように注意することが必要となります。