岡山風俗求人と業種の歴史

日本全国には様々な風俗店が存在しているが、そこにはそれぞれの歴史が存在する。最近新たに営業を始めたお店もあれば、●十年など長く営業を行っているお店もあるのだ。お客としては新しいお店には清潔さと勢いが感じられ、老舗風俗店には安心感を覚えることがあるだろう。このようにその歴史によって風俗店のイメージが変わってくることも少なくない。ここでは最近新旧様々な店舗が入り混じっているソープについて書いて行こうと思う。

東京の風俗街の中でもダントツの歴史を持っているのが、江戸時代から続いているという吉原。「吉原炎上」などこの地を題材にした作品も多く、昔から世の男性たちを癒し続けてきた歴史がある。現在では本番行為を行うことができるソープ店が軒を連ね、駅から離れた一帯にあることもありミステリアスなイメージを持つ人も多い。

そんな吉原では何十年も続いているというソープ店も決して少なくない。ただその反面キレイな女の子を取り揃えた、現代的なお店も出てくるなど新旧様々なお店が出て来ている。その中では数店の系列店を持っているいくつかの風俗グループも入り混じっているようだ。古くからあるお店は吉原スタイルといった感じで、90分で4万円など料金を固定化しているお店が多い。また中堅店や高級店になるとホームページに総額を書かず、入浴料だけ書いているお店も出てくる。ただお店で問い合わせるとしっかり総額を教えてくれるお店がほとんどだ。そして現代的で新しくできたお店の中には、デリヘル店のようにプレイ時間や訪れた時間帯などによって料金が異なるところも多い。またお客が見てひと目で判断できるように、それぞれの場面に分けた総額料金表を公開しているようだ。そしてグループ店であれば全店共通で使える割引券がもらえるなど、割引サービスに注力しているところも少なくない。このようなことから長く吉原ソープを利用している人は歴史あるお店が、吉原初心者にとっては最新店の方が利用しやすいだろう。

ただ新旧やグループ店にはこのような差があるが、吉原で営業している多くのお店は古くからある建物を改装して使用している場合が多い。高級店であれば内装やプレイルームなどをしっかり改装し、大衆店であれば必要最低限の場所以外はそのまま使っている場合も少なくない。そしてそういった部分は歴史の古い新しいには関係ないことだ。また良嬢が集まりやすいかどうかに関しても、お店の歴史はそこまで関係ないように思われる。

ここで書いたのは別の地域のことではあるが、岡山風俗求人への応募を考える方にも参考になると思う。